愛知県瀬戸市の早稲田法務事務所 裁判業務や債務整理に関するご案内。

  • 相続・遺言
  • 不動産関連
  • 商業登記
  • 裁判・債務整理
  • 土地・建物の測量

裁判・債務整理

  • HOME
  • 裁判・債務整理

裁判業務

「裁判と言えば弁護士だけど、弁護士は敷居が高そう…。
しかし、自分で進めるのは不安が…。」

そんなお悩みをお持ちの方は街の法律家である司法書士にお任せ下さい。認定を受けた司法書士は訴額140万円以内の簡易裁判については弁護士同様、代理人となることができます。

また、訴額140万円を超える場合でも書類作成などで本人手続きのご支援も可能です。

司法書士依頼のメリット

専門的知識により問題点を把握

法律は複雑なため、何をどうすべきか見当がつかず、不安になられることは当然です。司法書士は、業務経験から、様々な問題点を把握できます。

民事裁判のルール遵守で思わぬ不利益の回避

民事裁判には一定のルールがあり、このルールに従わなければ、主張したいことも主張できなくなることがあります。司法書士は法律の専門家としてこのようなルールも網羅していることから、思わぬ不利益を被ることもありません。

裁判手続が迅速・ 確実に!

裁判手続きには、状況に応じて、いろいろな専門的書類を作成する必要があります。司法書士は、法律知識・業務経験から、迅速・ 確実に手続きすることができます。

債務整理

借金問題に苦しむ人は多いのですが、それに比べて、苦しむことなく借金を整理できるという事実はあまり知られていません。
たとえば、借金の利息が多く、何年も返済しづづけてもまだ返済できずに困っている場合などは、過払い金返還などの手続きができることがあります。「債務整理」と聞くとネガティブなイメージを持つ人が多いですが、そのほとんどが間違った知識です。
債務整理はあなたを借金問題から解放してくれるひとつの手段です。どうしても借金が返済できないというときには検討するべきでしょう。

債務整理の種類

過払い金返還 払い過ぎた借金(過払い金)がもどってくる場合があります。

消費者金融などの貸金業者は、利息制限法という法律に定められた利率を超えた利息をとっていることがあります。
利息制限法による上限利率を超えている場合(いわゆるグレーゾーン)は、引き直し計算を行うことにより、不当に取られていた利息分が元本へ充当されるので借金の額が減ることになります。
さらには、業者との取引内容によっては、引直し計算をすると元本をすでに支払い終わっている、「過払い」の状態になっていることもあります。過払い金が発生している場合は、相手貸金業者に返還請求することができます。今後どういった手続きを進めていけばいいのか、専門の司法書士がアドバイスいたします。
※代理事務については、訴訟又は紛争の目的の価格が、司法書士法3条1項に定められている範囲内(140万円以下)の案件のみ受任できます。

任意整理 借金を減額後、無利息の分割払いにするよう交渉・契約する方法

任意整理とは、司法書士が依頼者の代理人となって貸金業者と交渉し、借金を減額(引直し計算)後、無利息での分割払いになるように契約をする方法のことです。
多重債務・借金に苦しむ人達の多くは、借金の利息部分の支払いが大きな負担となっており、長期間にわたって返済を続けているにもかかわらず、元本(もともと借り入れた金額)がなかなか減らず、完済することができていません。 しかし、貸金業者等に支払っている利息の一部は、利息制限法という法律により支払う必要がない場合もあるため、司法書士は、ご依頼者に代わり貸金業者と交渉し、支払った利息の一部を元本の返済に充てることができます。 この結果、借金を減額・完済できる可能性があります。また、利息を払い過ぎて逆にお金を返してもらえることもあります。(過払い請求)。
※代理事務については、訴訟又は紛争の目的の価格が、司法書士法3条1項に定められている範囲内(140万円以下)の案件のみ受任できます。

個人再生 住宅ローン以外の借金を整理することができます。

収入はあるけれども借金が多すぎて債務整理が難しい方や住宅を残したいので破産だけは避けたい方は、民事再生が最適な方法です。手続きが成功すれば住宅ローン以外の借金を整理することができます。
このように個人民事再生は、任意整理、自己破産にはないメリットがありますが、住宅ローンを除いた借金の総額が5,000万円以下で、かつある程度定期的な収入がある人、または定期的な収入と、その収入に変動幅が少ない人しか利用することができません。 ご依頼者に対する債権者の取り立てを停止させ、借金を減額する個人民事再生手続きを全面的にサポートいたします。

自己破産 正しい知識のもとで行う必要があります。

自己破産とは、裁判所を通じて借金をなくす手続きのことをいい、多重債務・借金に苦しまれている方を救済する民事再生・任意整理と並ぶ債務整理の方法の1つのことをいいます。 多重債務・借金に苦しまれている方の多くは、月々の支払いや貸金業者等からの取り立てによって精神的に追い込まれ、冷静な判断が難しくなり、借金の返済のために借金を重ねてしまうケースが少なくありません。しかし、これでは雪だるま式に借金が膨れ上がり、何も解決できません。 また多重債務・借金に苦しまれている方が、自己破産することを躊躇する理由に、自己破産することで、とんでもない不利益やデメリットがあると誤解していることが少なくありません。自己破産は正しい理解と知識のもとで検討しましょう。

お問い合わせはコチラ
早稲田法務事務所

名鉄尾張瀬戸駅から徒歩3分

〒489-0812 愛知県瀬戸市西蔵所町16

TEL:0561-86-0080お問い合わせ

  • 本人確認及び意思確認が必要です